• トップ >
  •  
  • uberの配達バイト『UberEATS配達員』

シフト自由の新しい働き方。話題のフードデリバリーUberEATS(ウーバーイーツ)のパートナー配達員は稼げるのか? 対象エリア、報酬、配達の流れ、自転車やバイクでの配達、必需品、支払い、インセンティブ、配達員登録についてウーバーイーツ配達員を実際にやってみた内容をレポートします!

話題のフードデリバリーUberEATS

対象のエリア

東京の一部地域(新宿、池袋、渋谷・恵比寿、目黒、青山・赤坂、六本木・麻布エリア、神田・秋葉原、品川・田町)がサービス対象エリアで、ウーバーイーツ利用者が対象エリア内をお届け先として注文した時に配達員に配達の依頼が届きます。

今後もさらにエリアは拡大されてゆくとの事で、現在のサービスは23時30分までですが、24時間営業のお店が出てきた場合には深夜も配達になるんじゃないかと思います。UberEATSサービスエリアはこちら

2017/6/16に自由が丘、武蔵小山までエリア拡大しました。追加エリアからの注文は配達手数料無料のキャンペーンを行なっており、現在も配達員を大量募集中のようです。配達員登録はこちら

UberEATSの対象エリア

報酬(給料)

報酬(給料)は配達1件あたり600円〜1,200円くらいで移動する距離、応答率に応じて変動します。オンラインにしていて配達が1件もなければ最低時給保証として 1,200円〜1,500円くらいもらえます。ドライバーアプリの「売上」から常に確認ができ、商品を受け取ったお客様から高評価をいただいた時には給料がアップします。

※支給品(バッグ、モバイルバッテリー、防水ケース)のデポジットとして8,000円(働いた分から2,000円ずつ4回)引かれます。でもバッグを返す時にそのお金は返ってきます!

UberEATSのパートナー配達員の報酬

配達の流れ

好きな時間に配達エリアへ行ってドライバーアプリをオンラインにします。配達の依頼がくると図の円形サークルの画面になるので1周まわりきるまでに画面をタップすれば依頼ゲット!商品ピックアップするお店が地図に表示されるので、その場所に向かいます。

お店に到着したら画面に表示されている注文番号を伝えて商品を受け取ります。 ドライバーアプリで商品の受け取りと配達を開始する操作をしたら、お届け先が地図に表示されるので、その場所に向かいます。お届け先に到着したら依頼主に商品を手渡して配達完了です。

※お届け先の表示が間違っていたり、配達に問題があった場合は報酬が変わる場合があるのでドライバーアプリでUberEatsサポートに連絡しましょう。バイクでの配達時は駐車禁止にも注意が必要です(わたしは六本木で一度キップ切られてしまいました)

UberEATSの配達パートナー

自転車で配達

自転車で配達の場合は支給されるUberEATSバッグをリュックのように背負い配達するスタイルになります。バックが大きいので人にぶつかったりしないように注意が必要です。バイクと比べて一方通行や信号待ちで頻繁に足止めされない事がメリットと思います。

UberEATS契約しているお店が密集する表参道、青山エリアが比較的効率がいいらしくオススメです。表参道、青山エリアで1時間で3件以上配達している方もいました。 マクドナルドやKFC(ケンタッキーフライドチキン)、スシローも契約店となったので、稼働場所によっては結構たくさんの注文が期待できるかもしれません。

UberEATS 自転車での配達

バイクで配達

バイクで配達の場合は支給されるUberEATSバッグをキャリアに入れてか、リュックのように背負い配達するスタイルになります。一方通行や信号待ちで頻繁に足止めされないようになるべく国道で直線移動して小道を避けるなど、配達ルートは考えないと効率が悪くなります。長距離の配達で高い報酬を得られる事がメリットと思います。

私もバイクで配達してみて1時間に2件〜3件のペースで11時間のオンライン(途中、1時間くらい休憩)で28件達成でした!ちなみにその日の給料は33,092円。

UberEATS バイクでの配達

必需品

支払い

月曜日〜日曜日まで配達した分の給料が月曜日に確定し、水曜日に支払いされます。配達員登録後に振込先の銀行口座を登録しておきましょう。

支払いは海外からの送金のため水曜日の朝9:00ごろにはだいたいお金が振り込まれています。振込先の銀行口座は海外送金を意識して三菱東京UFJ、三井住友、みずほなど都市銀行の方がいいでしょう。 水曜日が祝日などで銀行営業日でない場合は、振込自体が翌日に繰り越されますので注意が必要です。

UberEATSパートナー配達員の支払い

インセンティブ

通常の報酬にプラスしてインセンティブを支払ってくれる週があり、そのような時は週末あたりに翌週からのインセンティブ参加申し込みについてメールで連絡が来るので申し込みましょう。インセンティブは1件配達あたりのインセンティブとオンラインにしている時間あたりの時給保証のインセンティブ(1時間2000円保証など)、抽選で10,000円〜100,000円当たるくじ引きインセンティブなどがあります。

インセンティブは通常の配達分の報酬が確定した後に、月曜日中にドライバーアプリの「売上」にその他売上として反映されます。
適用にはサービスエリア内で待機していることと週間の応答率80%を下回らないことが条件です。

UberEATSパートナー配達員のインセンティブ

配達員登録

配達員登録はウェブで登録を行なってから説明会に参加してドライバーアプリのダウンロード、設定をして支給品(バッグ、モバイルバッテリー、防水ケース)を受け取ったら登録完了!すぐにでも配達できます。
配達員になれる条件は 18歳以上であることと、日本国内での労働資格を有していること。の2点です。
(日本人はもちろん、外国籍でも日本国内での労働資格があれば配達員になれます)
配達に使えるのは125cc以下の原付バイクor自転車です。

配達員登録は  こちら  から行えます。紹介コード K9VMMZ9FUE が入力されているのでそのまま登録をすると30回の配達完了でなんと!30,000円のボーナスがもらえます!

でUberEATS(ウーバーイーツ)の配達バイトは稼げるのか?

1日頑張った最高は28件、3万円以上になりました。2〜3時間のオンラインでも5,000円くらいは稼げます。時給換算すると2,000円以上になるのでズバリ!稼げます。配達先も普段は入れないような超高級マンションだったり... なかなか面白い体験もできます。ドライバーアプリにはまだ課題が残りますが、頻繁に更新されているのでUber側でも日々改善しているようです。

時間も自由でこういう働き方ができるなんてびっくりだし、自分が働きたい時にドライバーアプリでオンラインにすれば仕事ができるので、まさに稼げる副業です。今月支払い多くてお金足りないなぁ...なんてときも、土日でバイトすれば次の週にはお金が得られます。

UberEATS(ウーバーイーツ)の配達員は決まった時間に働くことなく、好きなときに好きなだけ働くことができる簡単で自由な新しい働き方の選択肢ですね。お時間ある方はお小遣い稼ぎとして是非トライしてみてください。今後のエリア拡大で24時間営業のお店が出てきた場合には深夜も配達になるんじゃないかと思います。